High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STRUNG OUT -ANOTHER DAY IN PARADISE-
Another Day in ParadiseAnother Day in Paradise

Strung Out


パンクのジャンルも、更なる多様化が進んだ、90年代。我々より、ずっと若い世代のパンクスたちは、我々のような、オリジナルパンク世代の持つ、パンクへの拘りも、かなり希薄になり、自由になったように思います。「パンクとはかくあるべき」、そういった頑なな拘りを持たない、若者たちは、我々の時代では、相容れることなど、到底考えられなかった、パンクとメタルの垣根さえも、軽く越えていきます。
そして、パンクとメタルを取り込んだ、新たなバンドも出現していきます。、もっぱら、その、メタリックなパンクバンドと、形容される代表格とも言えるのが、このSTRUNG OUTです。

STRUNG OUTは、そのテクニカルな演奏と、楽曲のアプローチから、「パンクとメタルの融合」的な諸評を、いたるところで目にします。確かに、早弾きのギターリフや、ある種金属的な音の質感、ゴシック的な要素もはらんだ、ビジュアルイメージなど、多くのメタルバンドが特徴とする要素を、STRUNG OUT自身が、多く持っているのも事実です。そういった部分が、我々と同世代、あるいは、頑なにパンクへのこだわりを持つ方々に、ウケがよろしくない理由かもしれません。ですが、パンクへの拘りなら、人一倍強いであろう私は、このSTRUNG OUTが大好きです。それも、今現存する、パンクバンドの中でも、一番と言ってもいいほどにです。
私自身、彼らの持つ、そのメタリックな部分を否定する気は、毛頭ありません。ましてや、皆さんのおっしゃる通りだとも思います。パンクとメタルの融合、それ自体、オルタナティヴシーンにおいて、最大級の賛辞だとも思います。しかし私が、STRUNG OUTに強く感じるのは、もっと根源的なパンク臭だったりします。その表面的な、メタリックな音楽性の、内から湧き出るパンクの臭いを、感じずにはいられないのです。私はそんな、パンクバンドとしての、STRUNG OUTが大好きだったりします。

私が、STRUNG OUTに感じるのは、どんなにメタリックなリフも、メタリックなアプローチも、STRUNG OUTという、フィルターを通すと、なぜかパンクに聞こえてしまうという、不思議な感覚です。
それは、Vo.Jasonの、深く味わいのある、魅力的な声質と、確かな歌唱力に、起因するのかもしれません。もしかすると、ただ単に、彼の声質が、私の好みにピッタリと、マッチしているだけかもしれませんが...
それと、私は、本質的に、日本人的感性しか、持ち合わせておらず、哀愁・・・そう、まさに「侘び寂び」をパンクにも求めたりします。当時、SNUFFを筆頭に、欧州の多くのバンドから、その「侘び寂び」に、近い感覚を感じ取れました。主観ですが、今も、ヨーロッパには、日本人の感覚にマッチする、侘びや、寂びを、そのメロディーに反映しているかのような、バンドが多く存在します。しかし、90年代初頭、私は、アメリカの多くのバンドから、その「侘び寂び」を、あまり感じられませんでした。どちらかというと、もっとカラっとした、明るいメロディーを持つ、バンドが多かったように思います。
そんな中にあって、STRUNG OUTは、アメリカのバンドにして、最も強く、その「侘び寂び」を感じ取れた存在だったのかもしれません。いささか、趣味嗜好的な観点ですが、私は、STRUNG OUTの持つ、実にアメリカっぽくない、暗さや、湿り気が、本当に大好きです。
今、STRUNG OUTが、欧州の、若いメロディック・ハードコア系のバンドに、圧倒的支持をもって、受け入れられているのも、そんな若い世代のパンクバンドたちが、パンクとメタルの垣根を越えた世代であるのと同時に、そういった部分も、一因にあるのではないかと、勝手に思ったりしてます。
とはいうものの、アメリカにも、STRUNG OUTに匹敵する、私の言う、「侘び寂び」を感じさせてくれる、NO USE FOR A NAMEや、BAD RELIGION、他にも、素晴らしいバンドが多く存在します。また、昨今、アメリカの新しい世代のバンドにも、哀愁や、侘びや、寂びを、持ったバンドが、増えてきたように思います。音楽の多様化に伴い、そういった感性の多様化というのも、あるのだなと思ったりしてしまいます。

で、この、STRUNG OUTの、Fat Wreck Chordsのデビュー作にして、通算2作目のアルバム、1994年リリースの"ANother Day In Paradise"です。
Fat Wreck Chordsは非常に良質の、メロディック・ハードコアバンドを、多くリリースしている、レーベルですが、その初期のリリースは、まさにハズレなし、という感じでした。LAG WAGON、NO USE FOR A NAME、PROPAGANDHIと、その錚々たるメンツの並ぶ、初期のFatのバンドの中にあっても、STRUNG OUTは、当時ほぼ、無名の新人ながら、全く引けを取っている印象がありませんでした。
その、全く新しい、メタリックな疾走感、そして、現在よりも、強く激しく感じる、ある種、古臭いパンク臭。「詫び寂び」を散々語っておきながら、アレですが、このアルバムの哀愁度は、以降のアルバムよりも、多少薄く、その分、男臭さのようなモノが、全面に押し出されている印象です。今の彼らと比べると、メロディアスなのに、非常に荒っぽく聞こえます。私は、一曲目"Population Control"のカッコよさに、すでに完全にヤられてしまいました。とにかく冒頭"Population Control"→"Lost"の超高速メロディックコンボは、メロコア的にも、パンク的にも、チート過ぎで、その高性能パンクっぷりに、ノックアウトされてしまいます。
STRUNG OUTの今後も、更なる進化を遂げていくことになる、そのサウンドは、すでに、この"ANother Day In Paradise"の時点でも、ある意味では、完成されていると言えます。

正直、STRUNG OUTを取り上げるとき、どのアルバムからやればいいのか、非常に悩みました。私は、彼らのニューアルバムが、リリースされる度、かなりの期待感を持って臨むのですが、STRUNG OUTに、その期待を、裏切られたという経験が、ほぼ、皆無に等しいからです。どのアルバムも、常に新しい衝撃で、私に満足感を与えてくれます。あえて言うなら、1992年、確か、結成年だと思いますが、Fat以前の、キャリアのリリースである、1stアルバム(後の98年、Fatより、"Skinny Years: Before We Got Fat"のタイトルで、再リリース)だけは、あまりに、音質、質感とも、現在と違いすぎて、本来の意味で、私のような、コアなファンでしか、喜べないようなアルバムなので、あえて外して、一般的に1stの認識が高い、"ANother Day In Paradise"からということにしました。以降、またアルバムごとに、機会をみながら、取り上げていければいいなとか、思っています。

STRUNG OUT Official http://www.strungout.com/
STRUNG OUT MySpace http://www.myspace.com/strungout
Japanese STRUNG OUT Fun's Page http://strungout.jpn.ch/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。