High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE WILLARD -GOOD EVENING WONDERFUL FIEND-
GOOD EVENING WONDERFUL FIEND(紙ジャケット仕様)(DVD付)GOOD EVENING WONDERFUL FIEND(紙ジャケット仕様)(DVD付)

The Willard


最近の高速疲れに、試行錯誤を重ね、私が行きついた先は、今の若い人たちには馴染みなんて全くないのではないかと思うんですが、このTHE WILLARDです。
私的には、日本のバンドとしては、世代的にも、シーン的にも直撃のドンピシャリです。日本のパンク、アンダーグラウンドのシーンに一時代を築いた、インディーズ・ブーム。その先駆にして、中核のバンドのひとつであったのが、このTHE WILLARDです。私は長らくこのバンドが日本で一番好きなパンクバンドでした。というか今も好き。もう、そのスタンスだとか、アティテュードとか、もうね。パンクじゃなくなってもパンクすぎるんです。
そのパンクとしては独特の、ゴシック感を持ったビジュアル、それは当時、日本のDAMNEDとも称され、また、そのサウンドも、初期はDAMNED Likeにワイルドな疾走感を携え、また、Vo.JUN氏の独特の世界観を持った歌詞と相俟って、パンキッシュかつドラマチックなものでした。

THE WILLARDは、1982年に結成され、20年以上過ぎた今現在も活動を続けています。'06年にはニューアルバムもリリースされました。う~ん素晴らしい。
この"Good Evening Wonderful Fiend"はオリジナル・リリースが、1985年。彼らが東芝EMIとメジャー契約する以前の、インディーズ時代のフルレングスとしては唯一のアルバムで、初期THE WILLARDの集大成とも言える作品です。キャプテンレコードより発売され、当時、自主製作盤としては、爆発的なヒットとセールスを誇りました。また、キャプテン自体が非常に金銭的またその他の面でも、メジャーに匹敵するようなレーベルであったこともあり、当時としては、そのサウンド面も、なんらメジャーと変わらないほどの高いクォリティーを誇っています。既にこの時点で、大手のメジャーから誘いがあったらしいのですが、敢えてキャプテンからの、自主盤でのリリースを選択し、そういった意味でもかなりのイニシアチブといったものが、バンド自身というか、JUN氏自身にあったのでしょう。再販のインナーのインタビューにもあるように、かなり、納得のできる全ての要素が取り入れられたそうです。まぁ、しかし、このインタビューというのが、非常に面白く、JUN氏のパンク然とした、アティテュードや、計算し尽くされていた、当時の動きなど、もう、彼の頭の良さとカッコ良さに溢れています。ちなみに最初の再販は最初期リリースのアナログ作品にSTOOGESのカバーが入り、キャプテンよりCDとして、1988年。そして現在入手可能な、先述のインタビューも含む、イカすスリーブに、LIVE DVD、12inchピクチャーとしてリリースされた3曲をボーナストラックとして追加し、2006年にリリースされています。

まぁ、それにしても今聴いても、やはり、カッコいい音です。技術が高いだとか、サウンドプロデュースが良いとかではなく、カッコいいサウンドです、日本のロックとして。パンクも含む、昔の良い時代のロックを彷彿とさせる、ある種アナログ的な質感は、非常にカッコよく聞こえます。その全体的な雰囲気といい、今、この手のレコーディングをする日本のバンドは、もはや皆無に等しいでしょうし、好みはあるでしょうが、私的にはこれぞ日本のパンクといった感じがします。
また、ギターはクレジットはギタリストの名前がありますが、全面的にJUN氏が弾いているらしく、そのギターが、音の作りといい、フレーズといい、もう素晴らしいです。初期はTHE STALINにギターとしても参加していたことがあり、STALINのボーカル、遠藤みちろう氏のソロアルバム、「ベトナム伝説」でも、ギタリストとして参加、全編に渡り、JUN氏の自由なプレイを拝聴できるのですが、もうなんかすごく好みのギターです。失礼ですが、ボーカルよりもギターの方が才能あり過ぎなんじゃないかと思うほどです。非常にロックン・ロールや、様々なロックのカッコ良さをわかってらっしゃる音です。
他にも、SEとか、ところどころに入る掛声とか、笑い声だとか、もうカッコいいにもほどがあります。壮大なスケールを感じる映画音楽のような楽曲に、様々に散りばめられたギミックのようなものが、時にトリッキーに、時にインパクトを持って、その壮大な世界観をさらに独特に広げていくのは、初期から、メジャー中期頃に至るまでの、THE WILLARDの非常に特徴的な部分であると思います。
ダイナミックでスリリングな、独特の疾走感を持った、そのサウンド、その雰囲気は、昔も今も、どのシーンを見渡したところで、見つけることができません。

随分前の話ですが、全国ツアーのワンマンLIVEを地元で観れたのですが、当時、バンドも分解直前で、半分ゴロツキだった私は、ただのお客さんだったのですが、私が大のWILLARDフリークであることを知っていた、LIVEハウスの店長(現オーナー)が、粋な計らいをしてくれて、LIVE後の打ち上げの案内役を任されました。
けっこう、難しい方と噂されていた、JUN氏ですが、実際は実にキサクにいろんなお話をしてくれて、DAMNEDの話などについて盛り上がり、しきりにDAMNEDが好きなら、MC5を聴けと薦めてくれたり、家出をして東京に出て、初めて見たLIVEが、日比谷野音のロッカーズだったなんていう、貴重すぎる話が聞けたりして、喜びこの上なしでした。また、当時ベースを弾いていたのが、音圧もスゲェのなんの、私もガキの頃から大好きだった、そのロッカーズの穴井氏だったりして、もう、私としては二重の喜びでした。とにかくメンバーや、スタッフの方たちも非常にフレンドリーで、私の飲み代まで払っていただく、逆接待ぶりに感動の嵐とはまさに、その夜のことを言うのかもしれません。その節は大変お世話になりました。その後、佐賀関はどっちだと聞き、そのイメージと全くそぐわないフィッシングに、興じるため夜の海岸通りに向かって、消えていくTHE WILLARDの皆さんでした。

THE WILLARD Official http://willard13th.com/prank-ster/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。