High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE ABS -WOP BOP A LOO BOP… A COUGH, WHEEZE, FART!-
ABS -WOP BOP

日本のパンク・ファンの中で、いったいどれくらいの人が、このTHE ABSの廃盤となった作品が聴けるということの喜びに、狂喜乱舞したり、感涙に咽び泣いたでしょうか。かくいう、私も、その中の一人として、多くの人がそうであろうことを、大いに期待するところですが、それはもしかすると大きな勘違いで、国内盤仕様で出すほうも狂っているなら、あまつさえリリース前から、この作品を2008年のベスト・アルバムの上位に放り込もうとしちゃってる、ここにいるキ○ガイとかは、他人さまから見れば、実は非常に滑稽で、そんな人、日本に数えるほどしかいないよって、ツっ込まれちゃったり、ABSとか知らねぇし聴かねぇよとかって、言われちゃったりすると、オジサンは悲しい気持になってしまうのですが、このABSの"Wop Bop A Loo Bop... A Cough Wheeze Fart!"。この作品のリリース自体、そして現代おいて、この音源の存在自体が、すでに神々しいまでの、輝きを放ち、熱いパンク魂の飛沫をまき散らし、全ての日本のパンクスの...いや、間違えた、私の魂の熱望に見事応えた、意義ある一枚というか、ダブル・ディスクであるとご理解いただきたい所存です。

以前、ここでもレビューした、1st.アルバム"Mentalenema"は当然のごとく、夢にまで見た2nd."Nail It Down"、入手など常に絶望的な1st.7inch"Grease Your Ralph"のB面、12inch"Turbosphinct"さえも収録な上に、ファンジンの付録7inchの曲までも収録し、あまつさえ、JOHN PEEL SESSIONの音源や、未発表LIVE音源までもが、これでもかと叩き込まれたばかりか、WATERSLIDE RECORDS/BOSS TUNEAGE JAPANのオーナーのライナーに、BAZ(Vo./G.)自身による、ナニのデカさを誇示する、素晴らしいインチキBioに、帯までが付いた国内盤、嗚呼、鼻血も出そうな入魂の2枚組。
とは言いつつも、1st.7inch"Grease Your Ralph"からは、"Shift..."のみで、ファンジン付録の"Face The Facts"の"Clinkers In My Clefts"は、LIVE音源のみなのですか?"Underground Rockers"に収録されていた、"Fear Is The Key"と"Englebert Humperdrink's Racing Pigeon"の別バージョンが入ってないではないですか!?と、網羅というには、少し納得のいかないところがあるのですが、何とかしてほしいです。THE ABSの全てが手に入れたいです。何度だって付き合いますし、金も落としますから、無理を承知でお願いしたい、ザ・レジェンド・オブ・コンプリートTHE ABSとかって出してください。ここまで音源を集めていながら、収録されてないバージョンや、曲が少しでもあるという、理由が聞きたいです(半泣)メンバーがマスターとか持ってなかったのでしょうか、酔っ払いだから。

気を取り直して解説。PEEL SESSIONの音源から始まる一枚目。貴重音源な上、音質自体も非常にクリアで、演奏も素晴らしく、仰る通り、PEEL SESSIONの音源にハズレはありません。
そして5~12は、ここでも以前取り上げた、パンクの名盤、1st."Mentalenema"。オリジナルを持っていても、何度聴いても素晴らしいアルバムです。未聴の方はこの音源を聴くためだけでも、今回のリイシューを入手する価値は十分にあります。初期THE ABSの魅力、そしてパンクの醍醐味の詰まった作品です。
続く、13~16は、私も初めて聴いた12inch"Turbosphinct"の全4曲。カッコいいです。いや、本当に。スピーディーな曲が多く、少し荒っぽさのようなモノも見え、1st.にも匹敵する、パンクを感じ、シビれました。
17は、1st.7inchの、ディレイ・ギターに、ベース・ラインもスリリングな味わいといったB面収録曲。
18は、一生めぐり合うことなど不可能であろうとさえ思われた、Sniffin Rock Magazineというファンジンのおまけ7inchの曲です。神様ありがとう。パンク的な刻み疾走感がたまりません。
19、20は未発表のLIVE音源2連発。ウェスタンでカントリーな大人の遊び心の19曲目。初期パンクの衝動を感じさせる20曲目。
そして、Disc-2。もう、幻であり、悲願の2nd.アルバム、"Nail It Down"。CDのみの収録曲であった曲も含み、その全12曲を網羅。この音源からベーシストが、チェンジしてるらしく、ビジー・ベースには違いないのですが、少し丸い音で、初期の作品のように、前面で引っ張りまくる感じではありません。もっとも、この2nd.アルバムからは、ライナーにも書かれてあるとおり、大人になったサウンドといった趣で、少し落ち着いた感があるので、そういった意味では、しっくりくると思います。ABS解散後のメンバーのキャリアとなる、Dr.BISONの影も見え隠れしています。しかし、BISONほど、渋い感じはなく、心地よい疾走感といったナンバーや、哀愁を感じさせつつも、明るめの曲調も多いです。また、圧倒的な高速感といったものが、抑えられている分、余計にその深い味わいのボーカルが、メロディーとともに全面に押し出され、非常に印象に残ります。10曲目のような大人のナンバーでは、その歌唱の魅力とテクニックが、いかんなく発揮されています。高速感を抑えていると言いつつも、4曲目や、8曲目のような、彼ら独特の高速アプローチもあるので、曲調も随分とバラエティーに富んでおり、彼らの懐の深さといったようなものも垣間見れます。パンクのイメージを部分的に踏襲しつつも、よりUKメロディックを意識させる仕上がりになっている作品であると思います。4曲目、"Englebert Humperdrink's Racing Pigeon"の途中少し落とすアレンジや、ギターの被せ方など、工夫もみられるのですが、やはり、この曲に関しては、"Underground Rockers"に収録されているバージョンが、ストレートかつ圧倒的高速感を誇っていると思うので、かなりバージョンの違うこの曲を、多くの人に聴き比べていただくためにも、収録していただきたかったところではあります。
そして、アップ・テンポな13曲目からラスト、20曲目までは、LIVE音源なのですが、完成度の高い未発表曲も多く、なにかとコンディションの良い音源なので、ファンとしては、実に最後まで、楽しませていただける作品だと思います。

ライナー最後のG○Nは、当然、アレですよね。もう、どこまで、WATERSLIDE RECORDS/BOSS TUNEAGE JAPANは、私の胸中を察してくれるのかと、失禁してしまいそうです。同人誌のマンガのようなダメアニメイラストの、ジャケのアナログ盤をターン・テーブルに久々に乗せようとしましたが、そういうことなら、御馳走は少し後にしましょう。
そう言えば、ONE CAR PILE-UPすら、廃盤になってしまったらしく、またもCDを買い逃してしまった私。 ONE CAR PILE-UPも国内盤でお願いしたいですorz

THE ABS、Peel Session http://rareindie.blogspot.com/2007/09/abs-peel-session.html


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。