High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MILLENCOLIN -LIFE ON A PLATE-


先日に続き、MILLENCOLIN 2連発です。私自体、昨日語っていた高速SWEDEN旧御三家で、もっとも思い入れが無いような感じがしてた、MILLENCOLINなのですが、色々と旧作から聴いていたら、やっぱこの2nd.も紹介したくなりました。というか、ヒヨコがかわいいので、ぜひ私のブログにもいてほしいので、ジャケを載せたかっただけかもしれませんが、そんなこと言いつつも、初期~中期の高速時代において、一般的に、かなり人気の高い作品が、この"Life On Plate"のように感じますが、明るめで、アップテンポの曲が多いこのアルバムは、非常に現代的なメロディック・ハードコア/ポップ・パンク的作風で、それも理解できるような気がします。
そんなわけで、昨日に続き、MILLENCOLIN 、'95年リリースの2nd.アルバム"Life On Plate"です。国内盤は、やはりビクターからで、CDEP"Skauch"がボートラで収録されていました。

1st.のような全面的に泣きといった部分が、幾分抑えられ、前述したように明るめのトーンの曲が多く、ポップさも増し、現代のアメリカのポップ系のメロディック・ハードコアの趣すら感じます。とは言うものの、まだこの頃は、高速感もバリバリ感じますし、高速ナンバーも多く、"Olympic"や"Friend 'till The End"のような、1st.を踏襲した、泣きのメロディック・ハード・ナンバーも健在です。またスカ・フレーバーなナンバーも、かなり疾走感を感じたりする勢いもあるので、曲調的や、音楽性の面で進歩を感じさせつつも、パンキッシュなスピード感は備えているといった、非常にバランスが良い作品だと思います。また明るい曲の中でも、サビや、所々に、ツボをくすぐる泣きメロも覗いたりするので、そういったメロの良さも実感できます。昨日も言いましたが、このバンドは本当に当時のSWEDENのバンドでは、洗練されている曲や、センスを持ったバンドだと思います。アメリカ・ナイズという表現が良いか、悪いかは分かりませんが、もうこのアルバムに至っては、なんかモッサリした発音のボーカルまでも、垢抜けた感じがして、本当にサッパリしたアメリカのメロディック・ハードコアのバンドのような印象を受けます。

以降、'97年の次作、"For Monkeys"では、さらにポップ感が増し、スピード感が少し減退して、'99年リリースの初期からのCDSのコンピレーション、"The Melancholy Cliiection"をリリースした、翌'00年リリースの"Pennybridge Pioneers"では、そのジャケット同様、全ての面において、彼らの方向転換が見られ、初期からのファンには、その評価の分かれていくところではないかと思います。

表ジャケのお皿の上のヒヨコは、裏ジャケの猫だか狼に食われちゃうのかと、なんだか心配したのですが、"For Monkeys"のCDをのけると、中に登場しています。思えば、このヒヨコを前面に見かけなくなったあたりから、MILLENCOLINも方向性が変わってきたのかなという感じがしますが、そのサウンドと同様に、やはり初期のキッチュなイラストのジャケのほうが、好きだったりします。ヒヨコかわいいよ、ヒヨコ。

MILLENCOLIN Official http://www.millencolin.com/
MILLENCOLIN MySpace http://www.myspace.com/millencolin
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2連投失禁ものです!笑 たぶん1番喜んでるの僕だって誇りをもてます。笑

この作品くらいからNikolaの英語の発音だいぶマシになってますよね^^ サウンドも大分クリアになっていて聴きやすいです。

ヒヨコちゃん、Pennybridge Pioneersのジャケットの爆発に巻き込まれている所見るとどうやらそこっで御陀仏になったんでしょうね、悲しすぎる。笑
2008/07/04(金) 08:47:41 | URL | Nikola #hwWsu/MY[ 編集]
爆発に巻き込まれてるんですかorz
Pennybridgeから、あんま聴いてなかったりするし、その辺にアルバムも見当たらないので、確認できませんが、なんとも悲しい。
2008/07/04(金) 09:11:09 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
どうもお久しぶりです。
ミレンコリンのアートワークは良いですよね!絵心が全くない僕としては、エリックの才能を少しでも分けて欲しいです。
2008/07/04(金) 23:21:16 | URL | めん #-[ 編集]
私も彼のアートワーク大好きです。
また、なんか、かわいいイラストとかに弱いです。
この2nd.とか、ホントに、もう。
2008/07/05(土) 02:45:50 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
これは名作ですね。ミレンコリンと聞くと私の中ではこのアルバムです。
流行に乗りつつもらしさが出始めたアルバムだと思っています。
2008/07/05(土) 22:39:59 | URL | ピ #-[ 編集]
私的には、やっぱ泣きの1st.なのですが、このアルバムも捨てがたい傑作たと思います。
らしさは、本当にありますよね。
2008/07/06(日) 08:45:27 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。