High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHARLES HÅRFAGER -KNAPRA OCH FLY-


SWEDENには、母国語で歌うバンドも多く、ASTA KASK等がその先駆とされる、'80年代~'90年代前半、SWEDEN特有の昔ながらの硬派なスタイルの母国語のパンクは、いわゆるTrallpunkと総称されていますが、そういった、Svensk TrallpunkはRADIOAKTIVA RÄKER、STREBERS、DIA PSALMAなどの当時のバンドを指して呼称するものだと思っていましたが、昨今では、初期は母国語バリバリな、SKUMDUMのブレイクなども手伝ってか、新旧問わず、SWEDEN母国語でシンガロングするようなタイプのバンドを総称してTrallpunkと呼称し、パンクの世界では、カテゴライズとして充分に成立する、ポピュラーなものになってきているのも、少し驚きな感じもしますが、最近は方々で紹介され、かなりキテる感じです。一般的にどちらかというと、個性的で、泥臭く、非常に粘り気を備えているイメージなのですが、ハマるとけっこう癖になる方も多いのかも知れません。

そんなわけで、MILLENCOLINのギタリスト兼イラストレーターのErik Ohlssonが在籍していた、このCHARLES HÅRFAGERも、母国語で歌うTrallpunkにカテゴライズされるバンドだと思うのですが、当然、独特の味や、泥臭さといったものも感じはしますが、非常に高速感があり、極めてポップなアプローチも随所に見られ、いわゆる近代メロディック・ハードコアに多大な影響を与える、'90s Sweden Melodic HardcoreとSvensk Trallpunkの中間に位置するようなサウンドやアプローチを持ったバンドだと思います。サウンド的にはTrallpunkのカテゴリーでは、随分とスッキリ、サッパリした感じで、聴きやすいと思います。メンバーはエスキモーみたいで、全然、サッパリしてませんけど。

CHARLES HÅRFAGERは、'89年に結成され、'90年代中盤まで活動していたようです。'94年にEP"Korpen faller"、アルバム"Korpen faller"をリリースし、'95年にこの2nd."Knapra och Fly" をリリースしています。MILLENCOLINのErikは、結成当初のメンバーですが、当時すでにMILLENCOLINも結成されており、このアルバムにもクレジットも無いようなので、サウンド的には参加してないようです。でも、ジャケットのアート・ワークは彼の手によるものなのではないかと思われます。1st.のキッチュな落下傘カラスとか。このアルバムの後、彼らはバンド名をCHARLESに変え、"Orden inom mig"というアルバムをリリースしているようです。

前述したように、このアルバムは、楽曲的に非常に高速感もあり、母国語で歌うボーカルも、その見かけと違い、非常にクリアな感じなので、Trallpunkが苦手だという方でも、すんなり聴けるのではないかと思います。コーラスも泥臭くなく、ツインボーカル的華やかさも見せたり、サウンドもポップ、ストロング織り交ぜたアプローチで、意外に多面性も見受けられます。2曲目など、急速にストロングに攻めてくるかと思いきや、間奏で激ポップにアプローチしてみたりなど、随所にそういった部分が見て取れ、アレンジにもかなりの工夫を感じさせてくれます。また、音の作りも歌と同様にある意味サッパリした感じで、また、メタリックな部分もあったりするので、そういった意味でも今日的なメロディック・ハードコアに近い部分は多く見られます。とはいいつつも、Trallpunk然とした要素も強く持っているので、そういったサッパリしたものを使い、クソハードにアプローチしたりするものもあるので、転がるような、少し泥臭い疾走感といったものも感じられます。ハードとポップ、洗練と泥臭さ、そういったものが混在している感覚は、年代的にも、そうなるのかなと実感したりもします。

KAMELという、たぶんBIRD NESTの傘下かなんかであろうレーベルからリリースされた、CHARLES HÅRFAGERの作品は、当時でもかなり入手に困難を極め、私は静岡だかのレコード屋さんに直接取ってもらって、エラい散財したように記憶しています。BIRD NESTのバンドは最近のTrallpunk流行的な感じも手伝って、努力とマメさとかで、なんとかなりそうな感じではありますが、昔も今もCHARLES HÅRFAGERあたりは、とんとお見かけしないので、なんだかもう、奇跡待ちとかいった言葉が似合います。まともなジャケ画像すら拾えず、初めてジャケットをスキャンするハメになりました。そんな中、どこかのレーベルや、どこかの誰かが、全音源収録とかって、奇跡を起こしてくれないかとか思ったりするのは、奇跡待ちを通り越して、魔法待ちといった、大それた感じがします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。