High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POOCK


先日、10年来飼っていた愛犬を亡くしました。

10年間、常に当たり前のように、家族のように、いつも傍にいたので、その喪失感や悲しみは非常に重く、まるで心臓をつかまれているような、胸の苦しさを感じています。

以前にも、13年ほど飼っていた愛犬を亡くし、同様の経験をし、非常にキツい思いをしたのですが、いずれは、こういう日が来るのを理解していながらも、やはり、同じことを繰り返してしまいます。

動物は死んだときが可哀想なので、飼わないという方の話も、良く耳にするのですが、こうなってみると、そういった話も、少しは理解できるかもしれません。
しかし、動物が、はなから死ぬことを想定して飼う人間はいないし、動物を飼わないことには、家族を失ったような、身を切られるよう辛さや、心の痛みは、実感できません。
そしてなにより、飼っていた動物と過ごし、経験した、楽しく、得難い時間は、動物を飼うこと、そして、その動物と家族同様になることでしか、得られないと考えます。
だから、同じことを繰り返します。楽しい時間が長ければ、長いほど、密度が濃ければ、濃いほど、その反動がデカく、重く、キツく圧し掛かって来ても、同じことを繰り返してしまいます。
だからこそ、楽しい想い出の分だけの、大きな悲しみにも耐えなければなりません。

ただ、どうにも歳を重ねても、どんなに色んな経験をしても、悲しみというものに、慣れるということは、決して無いので、色んなことをフラットにするには、また少し時間がかかりそうです。

そんな状況もあり、今、少し音楽などを聴く気にもなれず、ここをご覧になってくれている方に、楽しんでいただけるような文章を書く自信もないので、少しの間、更新をお休みさせていただこうと思っています。

ほんとうは、この出来事や、文章を書くのも、ためらったのですが、ブログを始めてから、ほぼ毎日の更新を心掛けていたのが、それが思うようにできない状態にあるのもあり、またなによりも、メールやコメントなどを頂いて、ここを楽しみに覗いてくれている方、そんな、私のような人間の書く文章を、楽しみにしてくれていて、応援してもらっている方に、何も伝えないのも、どうなのかと思い、現状をお伝えしました。

皆さん、本当にごめんなさい。少しの間、お休みさせていただきます。
近いうちにまた、何事もなかったように、更新しますので、しばらくお待ちください。

Ku-ge

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。