High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ADHESIVE -FROM LEFT TO RIGHT-


というわけで、昨日に引き続き、ADHESIVE。'98年リリースの2nd.フル"From Left To Right"です。
突出した部分や、決め手や破壊力に欠ける的な事を申したりしましたが、この作品というか、PRIDEBOWLとのSplitあたりから、その破壊力も身につけちゃった感すらし始め、まさに脂の乗り切った、彼らの絶頂期なのではないかと私は捉えているのですが、そんな突出したカッコ良さと、厚みとハードさを増幅させ、そのスピード感も切れっ切れな勇ましい姿を見せてくれる作品が、この"From Left To Right"ではないかなと思います。

前作と同じくAMPERSANDからのリリースですが、現在はどうかわかりませんが、当時、困難を極めたラクダよりも、入手が極めて楽で、当時は流通もかなり良かったように思います。もうそんなところまでもキレてます。
前作で見せたアメリカナイズといった雰囲気を、さらにスタイリッシュにして、ハードさを増した感じがして、また、その高速感が非常に歯切れ良くなっている印象を受けます。その全体的な切れの良さも手伝ってか、間延びした感じのボーカルと評してしまいましたが、そのボーカルもかなりモッサリ感が抜け、歯切れの良い感じになっていると思います。また高速中心ながらも、アルバムの曲調の起伏も感じたりします。
"It's not about me"のような哀愁を帯びたフレーズを伴った印象的な曲や、ストレートにハードコアを感じさせてくれるナンバー、少し落としてアルペジオを多用し、メロディーをじっくり聴かせる曲と、また、なんといっても"Character-builder"や"Dividing lines"のような破壊力を持った、印象に残るようなカッコいい高速ナンバーを連発で繰り出せるようになったのは非常に大きく、前のアルバムに比べ、圧倒的に曲自体は立っている感じがします。同時期のPRIDEBOWLとのSplitに収録されている"Heads You Lose, Tails I Win"なんかも、コンパクトながら、破壊力を備えた、彼らのシンプルなカッコよさを体現している曲なのではないかなと思います。
好みの問題なのでしょうが、懐かしさを伴った味わいといった部分では"Sideburner"、より近代的メロディック・ハードコア的な部分を望むなら、この作品だという感じがします。

この時期まで圧倒的に高速洗練な進化を遂げてきた彼らですが、'00年の3rd."We Got The Beat"では、個人的には全く思っていた進化とは違う形を見せられ、かなり待たされた上、なんとも納得のいかない気がしたのを覚えています。あれほど前作で洗練した姿を見せつけておきながら、捨てたはずのモッサリ感をガッツリ取り戻して、少し古臭く、パンク的に先祖帰りしてみたといった、サウンド・チェンジを試み、ADHESIVEはそのキャリアに幕を閉じます。

ADHESIVEもまた、当時の印象と違い、あらゆる意味で随分とハイクオリティに聴こえます。この"From Left To Right"迄は、通して、近代メロディック・ハードコア的カッコよさを感じさせてくれるバンドなのだなと、再認識させられました。で、このバンドにはなぜかパンクっぽさといったものが似合わないような気がしますね。
思えば、INDECISION ALARMの作風は、彼らの終盤の雰囲気なんかも、たまにそこはかとなく感じたりもしますね。速い曲も多いんですけど。やっぱ残ってたりするんですよね、少しのモッサリ感。

THE INDECISION ALARM MySpace http://www.myspace.com/theindecisionalarm

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。