High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ASTREAM -WOODFISH-


このバンドもWeb上とかでもあまり語られてるのをあまり見ないので、やっぱマイナーだとか、B級な感じなんだろうなとか思いつつ、期待してる人とかいないかなとか思って、やっぱりやりますよ、ASTREAM。

彼らのデビュー作、MCD"Marvellous Tomorrow"はBAD TASTEでも5番目の初期の作品なので、かなり昔からいるバンドかなと思いきや、"Marvellous Tomorrow"は'95年の作品で、ASTREAM名義での結成自体は'94年らしいです。そう思うと、BAD TASTEも今ではスウェーデンの有名レーベルですが、当時では新興レーベルだったんですね。
で、ASTREAMですが、女性ギタリストを含む4人編成です。当時としては、スウェーデンでも、こういったサウンドが主流になりつつあった時期なので、初期から、アメリカナイズされてる部分が多く見受けられ、デビュー作"Marvellous Tomorrow"も、哀愁高速メロディックといった趣です。少し録音が小さいので、当時ショボく感じたのですが、デカくして聴くと全然いい感じです。その初期からかなり高速メロディック・ハードコアしています。ただジャケとか装丁が、Bröölが少し上等になった感じで、当時のBAD TASTEが偲ばれますね。中のメンバーの写真はグループ・サウンズみたいで、こんな人らが、こんな音出してるのかと言う感じです。Bröölと言えば、そのBröölの名コンピ"Epitone - Various Swe Skatecore"('94)にも、SATANIC SURFERS、VENEREA、MILLENCOLINといった今では超豪華な顔ぶれと肩を並べて、このASTREAMも収録されています。

そして、'96年にこの1st.フルレングス"Woodfish"をリリースするわけですが、いや、久しぶりに聴くといいですね。なんか当時はとてつもなくB級っぽさというか、Bröölのバンドではないのに、Bröölっぽさがガンガンしてたのですが、今聴くと全くもって、近代メロディク・ハードコア・テイストです。ADHESIVEあたりにもヒケをとらないんじゃないかってほどに、臭味が無くて、さっぱりしてて、高速で、良いバンドだと思います。でもダサさはやっぱりあるんですが、だが、それがいい、です。インナーの写真とか、なんか魔方陣の前でおかしなポーズとかとってるし、そんなダサさが素敵です。
音のほうは、この作品から、この辺の大方のバンドとは違い、すごく丁寧にレコーディングしている感じがして、すごくバランスとか取られてて、きちんとしたギター・ソロらしいギター・ソロとかも大きく被せられ、非常にクリアなサウンドに仕上げられていると思います。しかし、このバンドも当然の如くハイ・スピード・ナンバー中心なので、ドライヴ感もあると思います。哀愁メロの"Tired Of Seattle"とか"Attila The Bum"など、印象的なカッコいい高速ナンバーも持っていますし、女性を含むコーラス等も華やかですし、そのMiaちゃんも"Miss Universe"で、ツイン・ボーカルよろしくシンガロングしています。いや、ほんと意外に華があるんですよね、曲的にも。今聴くと、ほんと印象違うなぁ、当時と。メロもいいし、ほんと近代的です。

同年、"This is a tribute to Bad Religion"というスウェーデンのBAD RELIGIONのトリビュートにも参加して、"I wan't to conquer the world"と"Walk away"を披露して、次作、'97年の"Jumps, Giggles And Shouts"でも路線はほぼ変更されることなく、高速ナンバーで突き進んでくれています。ジャケは表までグループ・サウンズみたいになってますけど。
そして'99年、DROPNOSEとのsplit"Punkrock Rendezvous"、'00年に3rd."Good Times / Bad Times"をリリースします。なんかこの2枚見当たらないんですけど、確か持ってたはずなんですが。少し慌ててます。この辺りから、ドラムの人が変わって、Miaちゃんも脱退してます。

ASTREAMもまた、高速な上、メロディーも充分に哀愁など感じさせてくれ、またアレンジや展開も丁寧に練られている感じで、なにせこのバンドにはそういった丁寧さのようなものが感じられます。改めて聴くと、'90s SWEDEN MELODICの佳作と呼べる作品を連発し、充分に良いバンドであることを再認識しました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにAstreamってスウェーデン物の中ではあまり語られていないような気がします。笑 

敬遠してるわけでもないのですが、何故かこの作品は流す程度でしか聴いたことないのでちゃんと聴いてみます(;´瓜`)笑
2008/07/22(火) 16:31:16 | URL | Nikola #-[ 編集]
>Nikolaさん
私も久しく聴いてなかったですからね。でも久々に聴くと、全般ホントいい感じでした。
2008/07/22(火) 18:12:03 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。